受託案内

Service

次世代シーケンシングの利用法

幅広い研究者に採用され多くの論文が発表されています。Illumina 社文献リストをご覧ください。
Illumina社:http://jp.illumina.com/science/publications.html  (2016年11月末現在)

 

発酵分野

・ 新種のゲノムde novoシーケンシング

・ 変異株のゲノムリシーケンシング

・ 発現解析、発現調節解析

 

食品分野

・ 乳酸菌、酵母や納豆菌などの発酵微生物や、キノコなどのゲノム解析

・ 発現解析による生理活性成分の効果の解明

・ エピジェネティクス研究による癌化などの安全性解明

・ 組換え型食材料の安全性。トレーサビリティ

 

創薬分野

・ ターゲットゲノムにおけるSNPsの発見。エクソーム解析

・ 発現解析による診断マーカー、創薬ターゲットの発見

・ 薬剤候補化合物の効能と副作用の解明

・ iPS、遺伝子治療用細胞の品質管理

・ 新興感染微生物のゲノム解明

・ FFPEなど臨床サンプルの解析

 

農林水産分野

・ 産地特定

・ 遺伝学と育種 (連鎖地図、association mapping、交雑および異種からの遺伝子移入などのマーカー作成、エピジェネティクス、転写産物プロファイリング、集団遺伝学)

・ ゲノムやオルガネラDNAのde novoシーケンシング

 

化学分野

・ 新規酵素の発見

・ 化粧品開発

・ バイオエネルギー開発

・ 特許申請対策